紅茶とイギリスの暮らしの教室

cozy&rosy Dialy

簡単!気楽!アイスティー

簡単!気楽!アイスティー

今日で全3回開催の夏の「グランマのバスケット」のレッスンが
終了いたしました。ご参加下さった皆様、どうもありがとう
ございました。

今回のテーマは、アイスティーのおもてなし。
けれど、「紅茶教室」としての開催ではありませんよ~(^^)
「とにかく気軽に手軽に作れるアイスティーバリエーション」
をコンセプトに、紅茶教室の生徒さんではなくても、初めての
方でも、誰でも作れるようにご紹介させていただきました。
そう、日々の暮らしの中で、気負わずに気楽にお茶を楽しむ
ための、グランマの知恵袋です。

20170724-1 (2).JPG

様々なパターン、応用をきかせたバージョン・・・と、
作り方の実演と試飲の後、生徒さんに、自分で作ってみたい
アレンジティーをそれぞれに作っていただいてティータイム
を過ごしました。
皆さん、美味しそうに作って下さいました♪
お茶のおともは、レモンカードのヴィクトリアサンドイッチ
でした。そして、クッキーも。

次回のグランマのバスケットは、9月に開催させていただきます。
皆様のご参加、お問合せを楽しみにお待ちしています。
よろしくお願い致します。

■次回のグランマのバスケット http://cozyrosy.com/topics/7.php
■スケジュール(7/24更新) http://cozyrosy.com/schedule/

(2017年7月24日)

雨上がり 午後のお茶

雨上がり 午後のお茶

7月23日、日曜日。
久しぶりの雨。
でも今日は、息子の習い事のクラスメイトたちとのランチ会があり、
ワクワク楽しい気持ちで一日が始まりました。

楽しくて嬉しくて、調子づいて疲れ果てていた帰路の息子。
雨が止んでいることに気づくと・・・、
「keinoshinさんでケーキを買って帰って、外でゆったりティーしようか」
と、母(私)にクールな提案。

いいと思う!

昨日までしばらく暑~い日々が続き、庭でお茶なんて考えもしなかった
のですから、雨上がりの、こんなに涼しくてフレッシュな空気は、
楽しまないのがもったいない。

私がお茶の準備をしている間、息子は庭の倉庫からアウトドア用のテーブルと
折り畳みチェアを出してセッティングしておいてくれました。
(頼もしくなってきました~。)

雨上がりの午後のお茶の時間。
keinoshinさんのケーキで、ゆったり静かに、樹々を眺めながら風を感じる
ティータイムでリラックス&リフレッシュし、明日からの1週間のための
パワーを養いました。

(2017年7月23日)

コーニッシュ☆クリームティー

コーニッシュ☆クリームティー

今日は、Cozy&Rosyの「イギリスの暮らしの教室」のレッスンで
「スコーン作り&クリームティー」のレッスンをさせていただきました。
真夏の暑い中、スコーン作りをご希望下さったS様に大感謝でした。

いつもなら、特に暑い時季にはスコーンを焼く気分にならないのです。
でも・・・今年は違う。

私、今回のイギリス研修から戻って以来、「コーンウォールLOVE熱」が
冷めないのです。 むしろ、夏の暑さの上昇に比例するかのように、
その思いが高まる一方なのです。
コーンウォールとデヴォンと言えばクロテッドクリーム...。
それで、クリームティーをしながらコーンウォールを想って過ごし
たくなる、私の今年の夏...(笑)

そして今日のレッスンでは、コーンウォールやデヴォンのお話とともに、
コーンウォールでのピクニッククリームティーをイメージして、
カジュアルに盛り付けて楽しみました。
コーンウォールに想いを馳せながら・・・♪

■C&Rスケジュール http://cozyrosy.com/schedule/
■イギリスの暮らしの教室 http://cozyrosy.com/britsh-life/

(2017年7月21日)

Tea on the green

Tea on the green

英国デヴォンシャーはエクセターにあるティールーム、
「Tea on the green」。
エクセター大聖堂のすぐ脇にあり、大聖堂を囲む芝生のエリア
‟カテドラルグリーン"で多くの人々が憩う中、まさにそのすぐ脇に
屋外席があるティールームなのです。
Tea on the green という名前そのままの印象です。

こちらのティールームでは、クリームティーの提供は14:30~。
私が到着したのは14:25。なんてパーフェクトなタイミング!!と
一人で心の中で大喜びしたのでした。

teaonthegreen.jpg

グリーンの周辺の屋外席は人でいっぱいでしたが、陽射しが
眩しくて、私は今回は涼しくリラックスしたい気分でした。
この時間、屋内席はまだ私だけ。それもまた意外なくらいで、
その好条件をありがたく活用させていただき、写真を撮らせて
いただいたり、店員さんと「聞きたかったこと」について、
お話をさせていただくことができたのでした。 
本当にラッキーなタイミングでした。

さて、注文したクリームティーですが、本当はスコーンは2個
なのです。けれど私は1個しか食べられないと思い、予め伝えて
1個にしていただきました。

teaonthegreen-1.jpg

スコーンは粉砂糖でおめかしされて出てきましたよ。
地元産のデヴォンクロテッドクリームと、濃厚なストロベリージャム
を惜しげなくたっぷりとつけて、デヴォン式にいただきました。

スコーンは直径8㎝くらいの大きさで、外側はさっくり。中は
柔らかいけれどほどよい粗さがスコーンらしくて美味しかったです。
それから、プレートの色が海を想わせるブルーで、デヴォンシャーでの
デヴォンらしい雰囲気も感じられ、ワクワクしました。

紅茶はポットサービスで、loose teaでサーヴされましたので、
ストレーナーを使ってティーを注ぐことも楽しめました。

ゆったり心地良いティータイムを過ごせました。

■tea on the green URL
https://www.teaonthegreen.com/

(2017年7月19日)

アップルケーキBOY

アップルケーキBOY

今日の午前は、ご自宅を新築されるK様の「英国コーディネート」
のレッスンでした。
ティータイムのお茶のおともは、しっとりしたアップルケーキ。
冬に加工して冷凍しておいたグラニースミスを入れて焼いた、
シンプルだけどリッチな生地のアップルケーキです♪

さて~、ここでまた、私の妄想一人芝居が始まりました(笑)

A 「ぼくは、とっても美味しいアップルケーキ君だよ」

私「まぁ! 美味しそうだこと!」

A 「で、でも...やっぱりぼくのこと、食べないでぇぇぇ~」

私「えっ? ふっふっふ。おばちゃん、腹ペコなのさ」

A 「そんな~! ぼくと楽しくお話をしたり遊ぼうよ(汗)」

私「私が誰だか知らないね? 腹 Yummy とは私のことだよ、坊や。
 こんな、食いしん坊そうな名前、他にいるかい?」

・・・・・・
失礼しました。もう止めておきますね。

注:あくまで「芝居」でして、素の私ではありませんので
  ご安心下さいませ(笑)

(2017年7月19日)

英国 エクセター 街歩き

英国 エクセター 街歩き

英国南西部はデヴォンシャーにあるエクセター。
大聖堂やティールーム、ガーデンなどを訪れる中で、
エクセターの町を歩きながら、歴史を感じたり、心地良さを
感じたり、美しさを感じたり・・・。そんな、ちょっと足を
止めた場所の写真を少し紹介させて下さい。

IMG_6943.jpg
向こうの丘の家々に、どんな物語があるのかと思いを馳せました。

2(5).jpg
古代ローマ時代の面影が残る壁に歴史を感じます。

5.jpg
古い建物のティールームや細い路地にあるお店たち。

20170718173346.jpg
もっと田舎にありそうなお家をみつけてほっこり。

20170718173450.jpg
思わずおじゃましてみたくなったお家。

20170718173635.jpg
サマータイムは夜まで公園でピクニックやウォーキングを
楽しむ人たちでいっぱい。Bury Meadow Park。

20170718173956.jpg
20170718174625.jpg

エクセターにある素敵なティールームについては、また後日♪

(2017年7月18日)

エッグタルト

エッグタルト

今日の午前は「インド紅茶」のレッスンでした。
いつもプライベートレッスンでお越し下さるK様との
ティータイム。今日はエッグタルトをお茶のおともに。
お茶は、ドアーズ紅茶。

英国コーンウォールにご興味をお持ちのK様と、コーンウォールや、
Cozy&RosyにもあるK様のお好きな食器について、ゆっくり
お話も楽しませていただきながらのティータイムは、
プライベートレッスンだからこそできる、ゆったりのひととき
でした。K様、本日もどうもありがとうございました。

(2017年7月18日)

英国デヴォン*エクセター

英国デヴォン*エクセター

英国南西部に位置するデヴォンシャーの州都、エクセター。
先月(2017年6月)、今年のイギリス研修の後半となる
メインプログラム、デヴォンとコーンウォールを、ここ
エクセターを滞在拠点にして巡っていました。
上の写真は、毎日利用させてもらった鉄道駅 ExeterSt,Davids。
IMG_6893exeter.jpg
人々が集う癒しの美しい公園でもあり、第一次世界大戦の
歴史を刻む場所でもある、Northenhey Gardens.
IMG_6896exeter.jpg

IMG_6897.jpg

IMG_6898.jpg
エクセターは、古代ローマ人が作った地であり、大聖堂や教会
などの古い建物や壁跡、遺跡が多く、歴史を身近に感じます。
そして学生時代に英文学で触れてきた、推理小説家の
アガサ・クリスティーや、有名作家のジェーン・オースティン
の縁の地でもあります。
文学から離れて、もっと幅広い人たちに馴染み深いところでは、
ハリー・ポッターの作者J.K.ローリングの母校がエクセター大学
であることも良く知られているようですね。

IMG_6899.jpg

IMG_6900.jpg

IMG_6902.jpg
↑杖を持った優しい魔女のおばあさんが何か標しているように見えた木。
まるで呼び止められたかの様に、足を止めて見上げたのです。
「顔」が見えたのは一瞬だったのか、この写真見ても、どこが顔に見えた
のか、思い出せないのです。腕と杖は分かるのですが...。
IMG_6903.jpg

後日、今度はエクセターの町のフォトを掲載させていただきます。
よろしくお願いいたします。

(2017年7月17日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ