紅茶とイギリスの暮らしの教室

cozy&rosy Dialy

Lemon Drizzle Cake 英国菓子

Lemon Drizzle Cake 英国菓子

シンプルな英国菓子 レモンドリズルケーキ。

3月の全4回のグランマのバスケットのティータイムでも
召し上がっていただいたケーキです。

英国菓子は どれも素朴でホッとする、肩の力を抜いて
ティータイムを楽しめる温かみのあるものばかり。

その中でも、クリームも 層も 目に見えるフィリングもない
特にシンプルなお菓子たちもたくさん。マディラケーキや、
ジンジャーケーキetc。 数え切れません。
そして、このレモンドリズルケーキも、実に素朴な見た目です。
け れ ど、こういうのが大好きです!

Drizzle(ドリズル)ってなんだろう?と思われる方も
いらっしゃると思います。

【イギリス英語*豆知識】・・・・・・・・・・
単語としてイギリス英語というわけではないのですが、
イギリスならではなのが、「雨」を表現する時の言葉が
実に充実していること!!
その一つに「drizzle」があります。 霧雨、小雨です。
shower(にわか雨)は、特に頻繁なので、よく使います。

そして、雨の意味ではなく、動詞としての活用では、
「(液体)をかける」という意味になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このdrizzleを、焼いたケーキの上からレモン果汁たっぷり
のシロップをかける様子(かかる様子)を表す言葉として
使ったのが、レモンドリズルケーキです。

甘酸っぱいレモンシロップをケーキにかけると、グレーズで
独特の食感も生まれるわけなのですが、
レモンドリズルケーキ、作る人の好みやお店ごと、仕上がりが
異なるな~と感じてきました。

グレーズが白くなりシャリッとした食感があるタイプ。
それだけでなく、アイシングを施したタイプ。
一度沸騰させた透明なシロップを作りケーキに流し、一見ただの
焼きっぱなしのケーキに見えるタイプ。
そこに、粉砂糖をまぶしたタイプ。

ケーキそのものもレシピが色々。
私は3種類のレシピを気分で焼き分けています。
レモン果汁はグレーズに使うだけのレシピもありますが、
私は、生地にも果汁とピールを使います。

3つのレシピの使い分けでは、サワークリームを入れるタイプ
バターを使わないタイプ等々。

食事の支度と並行してもパパッと作れてしまうようなケーキ
なので、重宝しています♪

(2017年3月31日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ