紅茶とイギリスの暮らしの教室

cozy&rosy Dialy

シムネルケーキ

シムネルケーキ

イースターの英国菓子の一つ、シムネルケーキ。
クリスマスケーキの様にドライフルーツがたっぷりで、
やはり、シナモン・ナツメグ・クローブを中心に
スパイスが使われ、お酒も利いたフルーツケーキ...
その上にはマジパンのディスクと丸く模った飾り。

トップに飾られたボールはキリストの11人の使徒を
表していると言われています。
因みに「シムネル」は「simila(質の良い小麦粉)」
というラテン語が語源とのことです。

土台のフルーツケーキは日持ちするため、予め
まとめて焼いておくことができました。
日が経った方が素材が馴染み合い、風味も豊かに♪

マジパンは「イースターを楽しむ春のお茶会」の、
全3回の各回毎、前夜に作業して仕上げていました。

写真のシムネルケーキは、第3回目の会のものなの
ですが、写真をインスタグラムにアップしてから
気づいたことが。
使徒11人+キリスト(中心)のはずが、使徒が10人
しかのせられていなかったことに、会が終了して
写真を見てから気づきました。
3回目の皆様、大変申し訳ございませんでした!
(1,2回目のケーキは大丈夫です!)

simnelcake-making.JPG

人それぞれ、シムネルケーキのマジパンの仕上げ方や
飾りの使い方も違いがあるのも、楽しい出会いと発見です。
マジパンに卵黄を塗ったり、着色料を使って黄色に
する方もいれば、アプリコットジャムやシロップを
塗って軽く照りだけを出す方も。(私は後者)
11人の使徒の中央に、花を模ったマジパンを飾る方、
私のように、使徒より大きいボールを‟キリスト"に
見立てて中央に飾る場合も。
そしてフルーツケーキも様々だと思います。

私は、自分が作るクリスマスケーキとはまた異なる、
このフルーツケーキもとても気に入っています^^
大きなホール型で焼く場合、140℃の低温で3時間近く
かけて、じっくりケーキを焼き上げています。
そうして出来上がったケーキのあの食感は、高温で
短時間で焼き上げたものとは違い、その食感にしみじみ
幸福感を覚えます^^

シムネルケーキに仕上げなくても、このままフルーツ
ケーキとして、毎日一切れずつ楽しむのも良いかも
しれません。

■イギリスの暮らしの教室 
■Cozy&Rosyのスケジュール 

(2017年4月18日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ