紅茶とイギリスの暮らしの教室

cozy&rosy Dialy

シンプルという魅力

シンプルという魅力

Cozy&Rosyのイギリスの暮らしの教室のイベントレッスン
「グランマのバスケット」の9月レッスンで、ティータイムに
召し上がっていただいた「おからと伊予柑ピールのケーキ」。

焼きっぱなしの、本当に素朴なケーキ。
でも、見た目以上に美味しくて、優しい笑顔がこぼれます。

おからがたくさん入っていて、英国菓子ではないけれど、
英国菓子のような、素材をそのまま感じる素朴で素直な美味しさは
共通です。紅茶と仲良しのケーキです。

シンプル、素朴という魅力。
その本質に対して感じるものが、私の好きなもの。
そして、大事にしたい意識。しっくりくる感覚。

実は、この記事をアップする前に、その内容を箇条書きにして
あったのですが、消しました^^

色々な価値観や趣向がある中で、
それは、Cozy&Rosyにお越し下さる方、選んで下さった方とこそ
共感しあえることだな~と思っており、きっと、生徒さんたちは、
私がどんなことを書いたのか、きっと...なんとなくでも想像できて
しまうと思うのです。きっと...。

なので、Cozy&Rosyの生徒さんやお客様と過ごさせていただく
時間が、私が講師や店主をつとめながらも、皆様からいただいて
いる幸せな時間なのだと思います。
いつもありがとうございます。

(2017年9月11日)

グランマのバスケット 2017.9月

グランマのバスケット 2017.9月

Cozy&Rosyの「イギリスの暮らしの教室」のイベントレッスン
である「グランマのバスケット」の9月レッスンが終了しました。
ご参加下さった皆様、どうもありがとうございました。

今月は、いかにもグランマのバスケットという内容でした。
お料理教室でもお菓子教室でもない「暮らしの教室」ならではの
ごはん作りの内容となりました。

ウェルシュレアビット(イギリス風チーズトースト)と
英国のソウルフードでもあるジャケットポテトなどを作った
のですが、正式な作り方をご紹介しながらも、実際にイギリスの
家庭ではこんな風に作る方が多い、という方法とポイントを
ご紹介させていただきました。

20170909-2.JPG

とっても気軽に手軽に。
でも、
日本でこういう素材選びをすると「イギリスのごはんはマズイ」
となってしまうんだよ...という、素材のことも。

私はもう、「イギリスのご飯はマズイとは言わせない!!」という
ことに使命を感じ⁉︎、時にはムキになっておりますので(笑)、
ここ10年以内にイギリスへ行ったことがない方、
旅行として数回しかイギリスに行っていない方に
イギリスの食事情を悪く言われてしまうのは、何を知っていて...
どこに行って?...と残念に悲しく思うのです。
昔のイギリスとは違うのに...と。

日本の真っ白でフワフワの食パンにアレを塗って食べても、
美味しいわけなくて...これではむしろ、イギリスの方たちから
「こんなのイギリス料理じゃない」「美味しくない」と言われる
だろうなと。

そんな観点からも、Cozy&Rosyでは、とても簡単・手軽で なおかつ
美味しくて、リアルなイギリスの日常であることにこだわっています。
同時に、決して外食の味や手法ではなく、「家庭的な味わいと手法」
であることにも♪
そのために毎年イギリスに行き、お世話になっている家族や友人の家で
普通に暮らすことを続けています。

暮らしの教室、そんな視点でお楽しみいただければ嬉しいです。

(2017年9月 9日)

本日の紅茶調合室

本日の紅茶調合室

今日は木曜日。紅茶調合室の営業日でした。

お買い物やお打合せにお越し下さった方の他にも、
ご近所さんが、フラッと顔を出してくださって、そういうのが
とても嬉しく、ここに暮らして、ここでお仕事をさせていただく
温かな幸せを感じます。
ここが好き・・・って、あらためて思わせていただいています。

さて、写真の楽しいロンドンバス!
友人のリズ(エリザベス)が、「Yumiのお店に良いと思って」と
送ってくれたものです。イギリスのお土産屋さんでよく見かける
ザ・イギリスな紅茶缶なのですが、中身は空で、空き缶だけ送って
くれました(笑)。

こういうポップな缶に、あえてドライフラワーを合わせて遊んで
みました。

■Cozy&Rosyスケジュール http://cozyrosy.com/schedule/
■紅茶調合室 http://cozyrosy.com/mixing/

(2017年9月 7日)

おからのケーキ*おばあちゃん風

おからのケーキ*おばあちゃん風

今日から「グランマのバスケット」(イギリスの暮らしの教室)
の9月レッスンが始まりました。
今週3回、開催させていただきます。

今回は、食後のティータイムで、おばあちゃん風の素朴なおからの
ケーキを召し上がっていただいています。
オレンジの風味も漂わせて爽やかに仕上げてあります♪

さて!一つお知らせをさせていただきます。
紅茶調合室は木曜日の10時~16時の営業ですが、誠に勝手ながら
今週、9/7(木)は、所用のため11時開店とさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

(2017年9月 5日)

小さな魔法使いの女の子

小さな魔法使いの女の子

息子が児童センターで作ってきた
小さな魔法使いの女の子。

先生方のおかげで、こんな素敵な工作もさせていただき、
とてもありがたく思います。そして、たまに持ち帰ってくる
子どもの作品が、楽しみになっています。

この魔法使いの女の子のために、小さなほうきを作ろうと
思ったのですが・・・
なぜか我が家の2階のトイレで、照明の紐を掴むことに
なりました。 しばらく、ここにいるそうですよ。

そして今日は、アイスティーのレッスンをさせていただいた
のですが、もうすっかり秋の風、秋の空。
バリエーションでアイスティーロイヤルを作ってのティータイム
となりましたが、この後、少し身体が冷えたように感じ、
ダージリンを淹れてゆったりお茶を味わいました。
もう、温かいお茶がいいですね^^

20170904 (3).JPG

(2017年9月 4日)

ご案内:11/15「愛され紅茶レッスン~クリスマス~」

ご案内:11/15「愛され紅茶レッスン~クリスマス~」

年に数回仰せつかる、Le ciel bleuさんでの出張レッスン「愛され紅茶レッスン」。
今回、初めてクリスマスレッスンをさせていただくことになりました。
ひさえさんのクリスマスなお菓子たちと、C&Rのクリスマスティーで、
一足早くクリスマス気分を楽しみませんか?

■日時:11月15日(水)10時~(満席)、13時半~
■場所:Le ciel bleu

詳細は以下よりご確認をお願い致します。↓
http://leciel-bleu.info/ateliers_schedule.html?h=post-2178

(2017年9月 3日)

英国コーンウォール CharlottesTeaHouse

英国コーンウォール CharlottesTeaHouse

英国南西部コーンウォールはTruro(トゥルロ)にある
「Charlottes Tea House」。
まるでヴィクトリア時代の世界に舞い込んだかのような
気分になれる伝統的で正統派のティールームです。
建物自体が本当に魅力的。この建物の2階にティールームが
あるのですが、少しミシミシ鳴る階段や廊下を歩いていくと、
その途中、そして階段や廊下の壁側は、古き良き時代を彷彿
させる品々や本が並ぶアンティークショップになっています。
charlottesteahouse-2.jpg
charlottesteahouse-2.5.jpg
ティールームの内装や、まるでビクトリア時代のメイドさん
のような装いをしたスタッフの女性たちが素敵なこと...。
charlottesteahouse-3.jpg
お茶は、トレゴスナンのアフタヌーンティーブレンドを注文。
そして、お腹が空いていたので、軽めのランチを注文すること
にしたのですが、あれもこれも美味しそうで迷った末に、スタッフ
の方に相談させていただくことにしました。
とっても美味しいハムがある!とのことで、それには手作りの
コールスローやチャツネ、ピクルドオニオン、そしてパンも
つくと...。 これを聞くだけでも私の好み。信頼して即決です。
この一皿は「Cornish Huntsman」と呼ばれます。

それにしても美味しいハムでした♪
ブラウンブレッドは珍しく厚切りで、コーンウォール産のバター
も添えられました。
charlottesteahouse-5.jpg

食後には、ケーキの中でもおすすめされた、しっとり&どっしり
のフルーツケーキをいただきました。
たっぷりの2種類のレーズン、ドレンチェリー、オレンジピール...。
ラム酒もきいていて、モラセスシュガーの濃厚な風味がしっかり
ありました。
charlottesteahouse-4.jpg

■Charlottes Tea House
ADD Coinage Hall, 1 Boscawen Street, Truro, TR1 2QU
TEL 01872 263706
OPEN Monday to Saturday 10am to 5pm

(2017年9月 2日)

氷なしのアイスティー

氷なしのアイスティー

今日は、Wさんのプライベートレッスンをさせていただきました。
リクエストをいただいていた「氷なしのアイスティー」。

ただ冷ましたお茶だと、味も香りもボヤけてしまいますが、
作り方を工夫すると、風味が豊かで引き締まったお茶に仕上げる
ことができます。

私は紅茶教室の講師をさせていただいているので、アイスティーの
作り方や様々なバリエーションを教室で紹介させていただいて
いますが、実は私もWさんと同じで、たとえ暑い真夏であっても、
プライベートでは「氷がたくさん入った冷たい飲み物」は飲まない
のです。

そのため、「氷なしの美味しいアイスティー」は、実は私生活の中で
作り慣れていて、様々なバランスやご要望にも臨機応変に適応できます。

こうしてWさんからリクエストをいただけたことで、紅茶教室用ではない
私の私生活の中で作る「氷なしのアイスティー」をご紹介できる機会を
いただき、私もとても嬉しかったです。ありがとうございました。

プライベートレッスンということで、本当に有意義にお話をさせていただき
ながら、幸せな時間を過ごさせていただくことができました。
いつも思うのですが、教室をさせていただいている私が、このように
生徒さんから沢山の幸せな時間をいただいていて...。感謝感謝なのです。

ティータイムがもたらしてくれる精神的な効果をも、いつもあらためて
感じ、納得し、感謝に包まれるのです。

だから、気取りのないコージーなティータイムが好きなのだと思います。

■スケジュール http://cozyrosy.com/schedule/ (9/1更新)

(2017年9月 1日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ