紅茶とイギリスの暮らしの教室

cozy&rosy Dialy

CTC茶

CTC茶

今日の午前は紅茶教室で「基本のロイヤルミルクティー
の作り方とバリエーション」をさせていただきました。

ロイヤルミルクティーや、スパイスと紅茶のレッスンでチャイ
を作る時など、いつも「CTC」という形状の茶葉を使っています。

紅茶教室の生徒さんにはレッスンでご紹介していますが、
今日は、紅茶教室にお越しではない方、あまり紅茶を召しあがら
ない方にもお伝えしたいと思うことがあり、記事にさせて
いただきました。

CTCは、
・Crush(or Cut) 押しつぶす(又はカット)
・Tear 引き裂く
・Curl 粒状に丸める
の頭文字を集めた略語です。
つまり、粒状の丸い形をした茶葉です。

この形状の製法は、「もっと早く、もっと濃く抽出」という
要求から生まれたもので、煮出すお茶やミルクティーに向く
お茶です。

なぜ、ここでご紹介しようと思ったかというと・・・
色々な紅茶があることをご存じでない方、紅茶教室に通い始めた
ばかりの方から、初めてCTC茶という存在を知った時に、あることを
仰る方が多いからなのでした。 それは、
①インドのお土産でもらったけれど、
・これが紅茶だと思えなかった。
・変な怪しい茶葉をもらったと思ってしまった。
・どうにもできず何年も放置。
②金魚のエサのような・・・
③何か(生き物・虫などの)糞かと思った!

そして、CTC茶について知っていただいた後、皆さんそろって
「もったいないことをしました~!!」と仰るのです。

そうなのです。CTC茶は、特にミルクティー好きさんにおすすめの
立派なお茶なのです。(ブラック(ストレート)でもOKですよ)
CTC茶をご存じでなかった皆さん、どうか、賞味期限を切らすほど
放置したり捨てないであげて下さいね♪

(2017年8月 7日)

英国コーンウォールのティールーム 57 FORE STREET

英国コーンウォールのティールーム 57 FORE STREET

英国南西部コーンウォールはSt.Ives(セントアイヴス)にある
素敵なティールームのご紹介です。
お店が面する通りの名前がそのままついた「57 FORE TREET」。
スタイリッシュさと温かみの両方がある、ハイセンスなティールーム。

14th-2.jpg
注文したのは、やはりコーニッシュクリームティー♪
直径8㎝ほどのプレーンタイプのスコーンでした。
(私が作るスコーンよりふんわりでしたよ。)

クロテッドクリームとストロベリージャムは地元コーンウォールの
会社のもの。コーンウォールらしい水色のティーポットには、
ティーバッグの紅茶が入っていました。
スタッフさんと、クリームの違い、食べ方の違いを離す機会ができて、
この「お決まりのネタ」に、笑いながら盛り上がったのでした。

私は普段からスコーンはコーンウォール式。
ここでももちろん、コーニッシュスタイルで楽しみました。

14th-3.jpg
こちらは海を臨む2階のお部屋。
このインテリアのセンスがとても素敵です。
それでも、1階の席にしたのは、お話が大好きそうな?!スタッフさん
との会話をこのまま楽しみたかったから。
コーンウォールで聞いてみたかった色々を、私も質問責めでした(笑)。
旅先での一期一会、素敵な思い出の一コマとなりました。

■57 FORE STREET
ADD : 57 Fore Street, St. Ives, TR26 1HE

(2017年8月 7日)

サフランケーキ

サフランケーキ

英国コーンウォールの郷土菓子、サフランケーキ。
サフランを使って黄色く着色し、レーズンなどのドライ
フルーツを入れて焼き上げた‟パンの様な"お菓子です。
今では英国全土で買えるのですが、本物のサフランを
十分に使わず(高価なので)、一部に着色料を使って
黄色く仕上げた安価なものもスーパー等で出回っています。

そう、サフランは高級なものですよね。
そもそも何故、コーンウォールでサフランケーキが生まれたか。
それは決して、コーンウォールがサフランの生産地という理由
ではないのです。
その昔、コーンウォールの鉱山で採れた鉱物を海外に輸出して
いた中、地中海沿岸の国との貿易で、それらの国で生産される
サフランと交換していたことから、この地でこのケーキが
作られるようになったそうです。
鉱物に匹敵する、高価なスパイスというわけです。

何しろ高級品ですから、コーンウォールでも常に作られていた
わけではなく、特別な行事(イースターや収穫祭など)の時に
焼かれていたとのことです。
今、こうして手に入れやすくなったことが有難く感じます。
昔はお砂糖も、超高級品でしたものね!

さて、サフランケーキの美味しいいただき方です。
ケーキとは言いますが、パンのような感じなので、
軽くトーストしてバターを塗って食べるのが一般的です。
(そのままいただいても美味しいですよ)
今年(2017年)のCozy&Rosyイギリス便りでも召し上がって
いただきました♪

ついでのお話です。
ローフ型で焼かずに一人分の大きさに丸くor四角く焼く
こともあり、それは「サフランバンズ」と呼ばれます。
(↓こちらは、サフランが足りなかったなぁ...と)
IMG_7461-400.jpg

(2017年8月 5日)

英国コーンウォール 名物

英国コーンウォール 名物

英国南西部コーンウォールのSt.Ivesにある
「WARRENS BAKERY」を訪れました。

コーニッシュ〇〇〇...コーンウォールは美味しいものの宝庫!
美味しいクロテッドクリームで楽しむクリームティーは
もちろん、やはりコーニッシュパスティも欠かせません。
これまでも何度も作ってきたコーニッシュパスティですが、
今回、研修としての観点で、確認できたこと、知れたことも
色々あります。英国中どこにいても、コーニッシュパスティの
お店はあるのですが、本場でのコーニッシュパスティは、
気持ちの面で、何となく感じ方が違うのでした(笑)。

さて、ここではコーニッシュパスティともう一つ、
どうしてもここで買いたかったもの。
サフランケーキです。
レシピもあるので、家で作れるのですが、友人のブリジット
からコーンウォールで実際に買って食べてみて♪と
すすめてもらっていたのです。
コーンウォールで買ってこその感覚を思い出に。

(2017年8月 5日)

英国コーンウォール St.Ives

英国コーンウォール St.Ives

英国南西部コーンウォールはSt.Ives。
電車に乗っていくと、ちょうど弧を描くような地形の
セントアイヴスが見えてきます。

言葉をそえず、ただ、この空気感をお届けしたく、
景色の写真をいくつか紹介させていただきます。
下書きのように、文章を添えていたら、
そえきれないくらいになり、
それをそえると軽くなり...

それゆえ、あえてそえずに...
感じていただくままに...

お店やティールーム等については、またあらためて紹介
させて下さい。

一言だけ。
美しい場所でした。

IMG_7111-1.jpg

IMG_7139.jpg

IMG_7185-1.jpg

IMG_7155.jpg

IMG_7165-1.jpg

IMG_7173.jpg

IMG_7174.jpg

QMRS2384.JPG

XFBJ4333.JPG

(2017年8月 4日)

サマーマーケット2017

サマーマーケット2017

昨日で全3回のサマーマーケットが終了しました。
沢山の方にお越しいただき、本当にありがとうございました。
お嫁にいった品々も、幸せものだと思います!

写真はマーケット初日の前夜の準備中のものです。
夜の調合室は、ちょっぴりお酒が似合う雰囲気に♪

2017market-2.JPG

調合室内に商品として残る物と、私の私物になる物と...
またCozy&Rosyにてお楽しみいただければ幸いです。

(2017年8月 3日)

シンプルなお茶

シンプルなお茶

本日は午後の紅茶教室で「紅茶の知識と淹れ方の基本」
のレッスンをさせていただきました。
安曇野からお越しのCさま、プライベートレッスンのご希望
をありがとうございました。

テキストでの講習、私のデモンストレーション、
試飲の後は生徒さんの実践、そのお茶でティータイム...
という流れなのですが、このレッスンで使う茶葉は、
とにかくシンプルなお茶をつかう!と決めています。
特選紅茶も、もう少しベーシックなお茶に触れた後です。

着香されたフレーバードティーがお好みの方もいらっしゃる
かもしれませんが、この「基本のキ」では、あまり強い個性の
ない、オーソドックスなシンプルな紅茶を「美味しい!」と
感じていただきたく、ディンブラやニルギリのような産地紅茶
を使っています。
たびたび、こういうお茶を自信を持って淹れられず(出せず)
「香りがあるお茶に頼ってしまう...シンプルなお茶だと"普通"
と思われてしまわないか心配」...と、生徒さん達が最初の頃の
本音を話して下さるのです。

なので、ここでシンプルなお茶を茶葉本来の香りと味わいを
引き出して淹れて、そのシンプルな紅茶の本当の美味しさを
感じていただきたいと思っています。

シンプルなお茶を「美味しい!」と喜んでいただくこと
ほど、自信がついたり、嬉しいことはないですし、
紅茶にたずさわっていれば、なおさらのことですが、
それこそ、腕の見せ所⁉︎(笑)

Cozy&Rosyでは、ここ数年の生徒さんたちがシンプルに紅茶
そのものの美味しさを求めて下さる方が多く、とっても嬉しく
感じています。

紅茶をもっと美味しく、日々の暮らしの中で。
そして、「紅茶が飲みたい〜♡」という時って...
余計な手を加えたお茶より、紅茶そのものを純粋にシンプルに
飲みたくなる。 そして、気負いないコージーな空気感で。
そんな私の、紅茶のある暮らしです。

◾️Cozy&Rosy 紅茶教室についてのページ

(2017年8月 1日)

牧場での愛しい時間

牧場での愛しい時間

牧場での愛しい時間。
ひつじのペースに、時間を忘れ 色々気楽になり...。
一緒に遊んでもらう。
20170731-3.JPG
かくれんぼ。
もういいかい?
もういいよ~。
頭 隠して 尻 隠さず。
20170731-4.JPG

好きなだけ ずっと草を食んでいるんだよね。
マイペースに。
20179731-1.JPG

仔ヤギの可愛いこと...
20170731-7.jpg

息子は馬とお話を楽しんで、そのあと、ロバの
ピッピちゃんに乗せてもらいました。
20170731-6.jpg

(2017年7月31日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ