紅茶とイギリスの暮らしの教室

cozy&rosy Dialy

Steamed Pudding

Steamed Pudding

Deliciously Moist! Steamed Pudding!!

本日は「Teatime English」のレッスンでした。
ティータイムでは 温かいプディングをスプーンで
すくいながら、ティーとともに。

「Pudding」というものを話し出すと、長~くなります。
クリスマスプディングのようなもの、
サマープディングのようなもの、
ブレッドプディングのようなもの、
このプディングのようなもの・・・。

歴史の中で、プディングも多様になり、年月を経て
イギリスではデザートのことをプディングと呼ぶ人も。
もちろん、そうではない人も。

今日は、ゴールデンシロップのソースから漂う懐かしい香りに
ほっとしながら、あったかいSteamed Puddingをほっこりと
楽しみました。
ヨークシャーのおうちでマーガレットと食後に楽しむ
プディングが恋しくなるのでした。


(2017年3月 3日)

ラデュレ お花を楽しむチョコレート

ラデュレ お花を楽しむチョコレート

本日は木曜日。紅茶調合室の営業日でした。
午前10時の開店まもなく、Rちゃんが美味しい差し入れを
持ってお店に来てくれました。

10分のティーブレイクをLADULEEのチョコレートとともに。
ローズ、ヴァイオレット、ジャスミンの3種のフレーバー。
これは初めて!だったので、感激してしまいました。
Rちゃん、どうもありがとうございました。

口に運んだ直後より、後で鼻腔から繊細な香りが
ふわ~っと抜けるようなお菓子は、余韻に合わせて
優しい紅茶を合わせたくなります。

(2017年3月 2日)

Pancake day 2017

Pancake day 2017

2月28日は2017年のパンケーキデー。

今日、昨日、先週の土曜日と、3回開催させていただいた
「グランマのバスケット」(イギリスの暮らしの教室)は、
パンケーキデーと冬のお茶作りをテーマに致しました。

ご参加下さった皆様、どうもありがとうございました。
毎年恒例のパンケーキレース、今年も盛り上がりましたね~。
・2/25の一等賞 T.Hさん
・2/27の一等賞 S.Mさん
・2/28の一等賞 S.Nさん
そして、全3回合わせての一等賞は、27日ご参加の
S.Mさんでした♪ おめでとうございました!

私は参戦せず(笑)、ご説明のために走らせていただき
ましたが、皆さん、上手にパンケーキを放っていましたよ。
私の写真を下さったT.Hさん、ありがとうございました。

パンケーキ作りとティータイムの後は、冬のお茶作り。
身体を温めるジンジャー等を使い、それぞれ飲み方に
合わせて茶葉を選び、さらなるトッピングもあったり...。

もう春はすぐそこまで来ていますが、まだまだ朝晩は
寒いですね。身体を温めて、健やかな日々をお過ごし
下さいね。

■Cozy&Rosyのスケジュール http://cozyrosy.com/schedule/

(2017年2月28日)

British Topper

British Topper

今日の午後、息子と私の大事なお客様がお越し下さいました。
いつもより早く帰ってきた息子。
「走って帰ってきた!」と。

ティータイムに、昨日焼いておいたビターチョコレートのマフィンと
レモンショートブレッドを。

マフィンは、クランベリーとアーモンド入り。
「Rが来てくれるから♪」と、はりきって作っておりました。

シンプルなマフィンですが、飾りだけでワクワクするものに変身♪
とても英国的な(ロンドン的な)ピックを飾ってお迎えしました。

マフィンに限らず、特に英国菓子は焼きっぱなしのシンプルなお菓子が
多いので、このような飾りが映えて楽しいです。

20170227.jpg

(2017年2月27日)

ジンジャー ショートブレッド

ジンジャー ショートブレッド

紅茶の美味しいおとも、ショートブレッド。
スコットランドで生まれた 紅茶がすすむお菓子です。

こちらは、StemGinger Shortbread。
砂糖漬けのジンジャーを使って焼かれたものです。
香りもよく、ピリッとする後味がやみつきになります。

DUCHYのシリーズは、特にロンドン滞在時には必ず
Waitrose(スーパー)で色々と買っています。
紅茶も、お菓子も、ハズレがありません♪

ショートブレッドは、この他に気に入っているのが
レモンショートブレッド。
これは、ちょうど明日の午後のティータイムに食べる
予定があるのですよ^^ 

(2017年2月26日)

The Swan Hotel

The Swan Hotel

英国で一番美しい村と称されるコッツウォルズ。
中でもグロスターシャーにある、ウィリアムモリス
が愛した小さな村である「バイブリー」は、
私もまた特に気に入っている場所の一つでもあります。
バイブリーを流れるコルン川のほとりには、
素敵なホテル&レストラン「The Swan Hotel」があります。
素晴らしい立地で、長閑な景観とゆったりとした時間...。
川のせせらぎをBGMに、白鳥や鴨の様子も眺められます。

theswanhotel-2.JPG

ここThe Swanでのお茶の時間。
上質な佇まいと、落ち着く空間が、
特別な気分を作り出してくれるように思います。
今 こうして この場所で過ごしている という喜びに
感謝しながら、美味しくティーをいただきました。

夏のバイブリー 

■The Swan Hotel
URL : https://www.cotswold-inns-hotels.co.uk/the-swan-hotel/
ADD : Bibury, Nr Cirencester, Gloucestershire GL7 5NW

(2017年2月25日)

お茶がある喜び

お茶がある喜び

こうして今、
大好きなお茶がある時代に生きている。
当たり前のようだけど、すごくラッキー♪

美味しいお茶のない人生なんて...ねぇ!

Thank god for tea!
What would the world do without tea?
-how did it exist?
I am glad I was not borm before tea.

(2017年2月23日)

Fisherman's Pie

Fisherman's Pie

休日の今日のランチ。
夫との少し遅めのランチはイギリス料理で。
Fisherman's Pie(漁師のパイ)。
私はお気に入りに仕上げた2つのレシピを使い分けています。

大事なことが1つ!昼間から白ワインを飲めるように、
ご飯の準備や、車を使う用事は午前中に済ませました♪

Fisheman's Pieは、コテージパイやシェパーズパイと同様に
パイ生地を使うわけではなく、マッシュポテトを使います。

白身魚やシーフード、マッシュルームを調理した時に
出てきた水分は漉して大事に残して、このパイで使うホワイト
ソースを作る時に加えています。
そのホワイトソースの美味しいこと!

今回は白身魚が少なめで、冷蔵庫にあった(ホワイトではなく)
ブラウンマッシュルームを沢山使ったため、具材が茶色っぽい
ですが、味はバッチリでございますよ♪

フィッシャーマンズパイは、我が家の男子2名にとっては、
大好きなコテージパイをさらに上回るほどの大好物です。
なので、夕食に少し...と、息子の分も残しておきました。

■イギリスの暮らしの教室 http://cozyrosy.com/britsh-life/

■Cozy&Rosyのスケジュール http://cozyrosy.com/schedule/

(2017年2月22日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ