紅茶とイギリスの暮らしの教室

cozy&rosy Dialy

マグカップにたっぷりのお茶と

マグカップにたっぷりのお茶と

昨日のレッスン、
Teatime Englishより。

イギリスの暮らしの教室のレッスンには、
マグカップにたっぷりのお茶を飲みながら
行うものが色々あります。
もちろん、おかわりも♪

‟イギリスと言えば紅茶"というのが
一つあると思いますが、
イギリスの人々の日常は、
ティーカップ&ソーサーではなく、
マグカップを愛用することがほとんど
だと思います。

Cozy&Rosyのテーマは、
決して華やかに演出する特別なシーンの
イメージではなく、
「英国カントリーサイドの家庭の日常」
と うたわせていただいています。

そんなCozy&Rosyにとって、
マグで紅茶を飲むほっこり感を推奨させて
いただくことは、イギリスの生の暮らしの
温かみの表現でもあるのです。
その気持ちよさ・・・
心地良さ・・・
あぁ、気持ちが楽でお茶が楽しい♪
純粋に寛ぎます。


イギリスの暮らしの教室

(2019年1月16日)

英国菓子 キャロットケーキ

英国菓子 キャロットケーキ

今日は「イギリスの暮らしの教室」で
英国菓子‟キャロットケーキ"のレッスンを
させていただきました。

ティールームの定番メニューの一つですが、
お店ごとの特徴がある中で、
自分好みに出会えると嬉しくなります。

Cozy&Rosyのキャロットケーキは、
昨年6月のイギリス研修から戻った後、
英国ペンリスで出会ったキャロットケーキの
虜になった私は、その再現を目指して
試行錯誤し、レシピをリニューアル
させていただきました。

かつてのレシピも気に入っておりますが、
今の新バージョンは、一層気に入っております。

今日のレッスンにお越し下さった生徒さんは、
かつてのキャロットケーキのレッスンも
ご受講下さっている方ですが、
新バージョンを召し上がっていただいた後に、
そのレシピでのレッスンを・・・と
今回ご希望下さいました。
とても嬉しく有難いです。

20190112 (2).JPG

キャロットケーキ×ミルクティー。
美味しくて幸せで仕方ない。
そして、湖水地方で買ったLAKELANDの
Farrers Teaを合わせましたので、
目を閉じれば
湖水地方の田舎のティールームに
飛んで行ったような気分に
浸ったのでした^^

Cozy&RosyHP https://cozyrosy.com/

(2019年1月12日)

2019年のレッスンスタート♪

2019年のレッスンスタート♪

Cozy&Rosyの2019年のレッスンがスタート
致しました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今日は紅茶教室。
午前:スリランカ紅茶
午後:様々な産地紅茶の知識と鑑定

テイスティングを行うレッスンが2回
ということで、たくさんの種類の紅茶を
堪能する機会となりました。

久しぶりに生徒さんと過ごさせていただき、
日常が戻ったこの時間の嬉しさ...
ありがとうございます!

午前のティータイムは2種類のクッキーを、
午後のティータイムはアップルケーキを
紅茶とともにお楽しみいただきました。
午後に召し上がっていただいたアップルケーキは、
「英国グランマのアップルスパイスケーキ」
としてご紹介しているアップルケーキとは異なり、
とてもしっとりしたケーキ。
Cozy&Rosy発足の頃から作り続けていますが、
ここ5~6年は、登場回数が少なかった
かもしれません。

今年も、皆さんと穏やかにティータイムを
ご一緒できるのを楽しみにしています♪

20190111 (1).JPG

(2019年1月11日)

A HAPPY NEW YEAR!

A HAPPY NEW YEAR!

あけましておめでとうございます。

昨年お世話になりました皆様、
ご愛顧下さいました皆様、
誠にありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
幸多き健やかな一年になりますように。

Cozy&Rosyは1/10まで、少し長めの
年末年始休暇をいただいております。
11日よりレッスン開始、また、メールなどの
事務も含めて業務再開とさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

写真は、2018年度のイギリス研修より。
スコットランド各地と、
5回目となる湖水地方へ。

書面や映像では感じ取りきれない色々。
知ったつもりになっても、
実際は...、本当は...、本物は...という色々。
実際に心と体で感じ、確認することに
優るものはないと思っています。
特に2018年は、今まで以上に「確認」できた
ことに大きな喜びと納得感を得られた
実り多い研修となりました。

それはきっと、
これまで UNITED KINGDOMの中でも
「イングランド」「ウェールズ」には
長い月日や回数をかけてきたけれど、
私にとって‟色々な意味で‟濃いだろう、重要だろう
と思い続けていたスコットランドに、
Cozy&Rosyとしての意識で訪れていなかったことに、
自身の中で不足感があったからだと思います。
(20代の頃に「完全にプライベートな旅行」
でスコットランド南部を訪れたのみでした。)
そして、もちろん湖水地方でも...。
なので、短い期間ではありながら、濃い達成感を
得られたのかもしれません。
変な話かもしれませんが、自分の中の
目に見えないものにも変化がありました。
そんな嬉しい2018年でした。

さぁ2019年、自分は自分の描く世界に生きよう。
そして皆様と、心豊かな時間を分かちあえますように。


(2019年1月 1日)

年末年始休業のお知らせ

FC1394DC-A856-48FA-8A1E-8E4D42D51B32.jpeg

いつもありがとうございます。
Cozy&Rosyは12/28~1/10の期間、
年末年始休業とさせていただきます。


スマホがある便利な時代ですが、
メール、SNSも含めてお休みと
させていただきたく、
この期間のご連絡へのお返事は、
1/11以降させていただきますことを
ご了承下さいませ。

ご不便をおかけ致しますが
何卒よろしくお願い申し上げます。


今年一年、ご愛顧いただきまして
誠にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
来る年が皆様にとって幸多き一年に
なりますようお祈りしております。


Cozy&Rosy
原夕美

(2018年12月28日)

Merry Christmas

Merry Christmas

Happy Merry Christmas!!

皆様にとって愛と喜びに満ちた
幸せなクリスマスでありますように。

20181224-1.JPG

キリスト教の信者ではありませんが、
クリスマスほど
人の心の温かみや愛を感じあえる
行事はないように思い、
その背景にも思いを馳せながら
毎年大事に楽しませていただいています。

20181224-2.JPG

クリスマスイヴの夜。
サンタクロースへのミンスパイと
(お酒ではなく)牛乳、
トナカイたちへの人参。
そして、ありがとうのお手紙。

20181224-3.JPG

全ては心の中に。
豊かな時間を与え、与えられ、
ありがとうございます。

(2018年12月25日)

クリスマス会 2018

クリスマス会 2018

2018年のCozy&Rosyのクリスマス会。
全4回が本日で終了となりました。

12月のお忙しい中をお越し下さった皆様、
本当にありがとうございました。

20181222 (4).JPG

今年のテーマは
「森のクリスマス ~妖精たちとの語らい~」
北欧の妖精トムテと共に、クリスマスの時間を
お過ごしいただきました。

20181222 (6).JPG

Cozy&Rosyのクリスマス会は、
テーブルのイメージは年毎変えても
メニューはあえて変えずに
「イギリスのおうちに帰ってきた気分」
を演出し続けたいと思っています。

ウェルカムティーのクリスマスサイダーで
乾杯し、英国風クリスマスディナーです。

20181222 (5).JPG

今年は、ローストターキーにそえる
クランベリーソースを工夫しました。

20181222 (9)400.JPG

そして、私の一年の中で最も手間暇をかける
クリスマスケーキ。
クリスマスティーとともに。

20181222 (7)400.JPG

20181222 (8)400.JPG

このミンスパイは欠かせません♪
今年は息子が手伝ってくれました。

20181222 (10).JPG

いよいよ来週はクリスマス。
愛と喜びに満ちた、
穏やかで幸せなクリスマスを
過ごせますように・・・。


(2018年12月22日)

フィンランドのサンタさんより

フィンランドのサンタさんより

フィンランドのサンタさん
息子へのお手紙を
どうもありがとうございました。

私も小学生(低学年)の頃、
同じようにフィンランドから
お手紙が届いたのが懐かしいです。
私の時は、同時の担任の先生が
「遠い国のサンタさんにお手紙を書こう!」
と計画をしてくれて、クラス全員が
一人一人サンタさんにお手紙を書き、
そのお返事と言う設定でフィンランドから
お手紙が届いたと記憶しています。

クリスマスのことを色々と
分かるようになり、
字も読めるようになり、
英語も分かるようになって
きた、このタイミング。
息子へのお手紙をお願いしました。

サンタさんについて、クラスの子や
上級生の子から、ちょっと寂しいお話を
聞くようにもなってきたみたいです。

でも、まだ
フィンランドでサンタさんのお店やコーナー
に立ち寄った思い出がしっかり残っている
息子は「僕は知っているんだ、いるって!」
と堂々と確信しています。(笑)
あと1,2年なのかな...。
大事にしてあげたい。


(2018年12月20日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ