紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

おひさまティータイム 

おひさまティータイム 

11/13は出張レッスンで、
朝から夕方まで安曇野市のおひさまキッチン
の和美さんのお教室におじゃまし、
「スコーン作り&クリームティー」のレッスンを
2回開講させていただきました。

お越し下さった皆様、そして和美さん、
どうもありがとうございました。

午前も午後も、
ジャムとクロテッドクリームのお話は
尽きることがありませんでした。
どちらが先?はもちろん、
やっぱりクロテッドクリームは最低でも
このくらいは必要だと思う!!など、皆さんで
美味しいと思うスコーンの食べ方談義(笑)

そしてイギリスの田舎風の、ゆがんだ形の
Cozy&Rosyのスコーンを喜んでいただけて
私もとても嬉しかったです。

20181113 (7).JPG

(2018年11月14日)

修了生ブラッシュアップレッスン

修了生ブラッシュアップレッスン

11/12の午後レッスンは、
紅茶教室の修了生のブラッシュアップレッスン
をさせていただきました。

修了生を対象とした特別なレッスンを
定期的に開催しているわけではなく、
修了生ごとに、必要性も興味の対象も
異なっているため、ご希望をいただいた際に
レッスンをさせていただいております。

今回は、年に数回はブラッシュアップに
お越し下さるYさんのプライベートレッスン。
秋に楽しみたいブレンドティーづくりの
レッスンを致しました。
修了生ですので、アドバンスコースの時の
レベルより上げた内容と感覚で、五感を
一層研ぎ澄ませてお楽しみいただく内容に
させていただきました。

茶葉の特性を知り、
扱い方を見極め、
使う茶葉を選定し、分量や比率を想定し、
淹れ方を判断して作る、とっておきの一杯。

美味しい、そしてテーマをかなえたお茶が
できあがりました。

20181113 (5).JPG

(2018年11月14日)

英国菓子 キャロットケーキ

英国菓子 キャロットケーキ

11/12の午前レッスンは
英国菓子「キャロットケーキ」でした。

今までご紹介してきたキャロットケーキも、
もちろんお気に入りだったのですが、
今年、イギリスのペンリスにある滞在先で
食べたキャロットケーキに衝撃をうけ、
その要素を少し取り入れ、もともとの私の
キャロットケーキレシピのアクセントに
加えてみることにしました。
材料の分量も少し変わり、食感も少し変わり。
なくした材料があれば新たに加わった材料もあり。

変わらないのは、トップのクリーム。
けれど、前よりもさらに‟ラフに"仕上げて
イギリスの田舎のティールーム風の‟気分"を
演出しています。
キレイに仕上げ過ぎると、私としては、
英国菓子の魅力が半減してしまうのです。
(↑何を言っているの?と思われるでしょうか)

こういう進化を時々させていただき、
これまでとレシピが変わるお菓子や料理が
あります。 ご了承下さいませ。

でも、こうやってイギリスのお菓子やごはん
の魅力を自分なりに突き詰めていけることで、
毎年欠かさず渡英することの大変な面を、
その価値や意味合いとして形に変えられて
いるように思い、自分自身、また頑張ろう、
吸収しようと思えたりもするのです。
美味しいイギリス、
心豊かなイギリスを紹介しようと、
そのうわべではなく、中身に迫るばかり。
だから、家族の理解や協力のもと、渡英を
続けようと思うのかもしれません。

このキャロットケーキは、ペンリスでの記憶を
再現させるために試作を重ねた中で、
生徒さんにレッスンで召し上がっていただいた
ことはありましたが、レッスンとして
New Versionになってからの「現時点の完成作」
をご紹介したのは初めてでした。
一緒に作っていただき、
召し上がってきただき、
どうもありがとうございました。
またすぐ食べたくなっている私です(笑)。

20181113 (1).JPG

(2018年11月13日)

秋のアフタヌーンティー

秋のアフタヌーンティー

今日は秋のアフタヌーンティー。
Cozy&Rosyでのアフタヌーンティーレッスンは
少し久しぶりだったような気がします。
お越し下さった皆様、ありがとうございました。

ご褒美のような贅沢なアフタヌーンティーも、
おうちカフェの感覚のアフタヌーンティーも、
どのようなアフタヌーンティーも魅力ですね。

肩ひじ張らずに気軽に楽しむにも、
知っておいた方がよい知識はあります。

20181110 (1).JPG

レッスンでは、
どこかへアフタヌーンティーを楽しみに
言った場合のこと、
自宅にお客様を招く場合のことを
テキストでご紹介し、
ティーフードのサンドイッチやスコーンを
一緒に作ってアフタヌーンティーを
過ごしていただいております。

20181110 (4).JPG

ふだんのCozy&Rosyは、紅茶教室では
まっずぐ純粋に紅茶と向き合うスタイル
ですし、イギリスの暮らしの教室では、
英国のカントリーサイドの家庭の日常を
テーマに演出しているため、
たまにアフタヌーンティーのレッスンや会を
開催するとなると、終わった後は、
私もいつもより疲れがドバーっと出ます(笑)。
でも、準備や運営の時間を「大変」と思わずに
主催者の特権として楽しみに変えられると
いいですよね♪

20181110 (3).JPG


(2018年11月10日)

ウェルシュケーキで秋のティータイム

ウェルシュケーキで秋のティータイム

こがね色が眩しい秋の午後の時間。

家で、ちょっとした事務仕事をしながら、
一息つこうと、ウェルシュケーキと紅茶で
ティーブレイクをしました。

やることが沢山あったり、
少し忙しくしている時でも、
たとえ短時間でもいいので
あえてゆとりを持つことを
仕事の一部として大切にするのが
私の習慣です。

そうすると、どんな日であっても、
自分軸の豊かな時間が生まれて
気持ちも上がります。

今日の午後は、息子はお隣の仲良しくんと
サッカーをして遊んでいました。
(今日はサッカー教室がお休みでした)
ティータイムより、とにかくサッカーです。
それをいいことに!?
私は ウェルシュケーキを一人でこっそり
4個食べてしまったのでした。

残しておこうとか、
夫が帰宅したら食べたいかな?とか
そういう思いやりに欠けた この行動。
なんとまぁ...。自己嫌悪になることもなく
「食欲の秋だわね~」という言い訳を
自分に対してしていることに、
自分でも呆れたのでした。
ごめんなさい。

20181103 (1).JPG

※スケジュール更新しました。
https://cosyandrosy.com/schedule/
※レッスンやクリスマス会は、キャンセル待ちも承っております。
※クリスマス会は、スケジュールアップ前に満席の
状態で

(2018年11月 3日)

Happy Halloween! 2018

Happy Halloween! 2018

Happy Halloween!

ハロウィーンですね。
皆さん、ハロウィーンはどのように
お楽しみでしょうか?

私は、実際のところ、
レッスンで少し雰囲気を出しただけで、
クリスマスほどのことはしていないのです。

でも、ルーツとして、
アメリカで根付く前の起源がケルト文化に
あるハロウィーンですので、その背景には
関心があります。

さて、下の私の写真を、10/30にレッスンに
お越し下さったTさんが送って下さいました。
どうもありがとうございます^^

私は魔女に。
写真ではどうも分からないのですが(笑)、
いつもとアイメークを変えてみたのですよ。
でも来年は、もっと大げさにやるだな!と
思ったのでした(笑)。

20181031 (2).JPG

(2018年10月31日)

クマのプーさんとティータイム

クマのプーさんとティータイム

今日のティータイムのおはなしです。

我が家のプーさんをお茶の時間に。

プーさんは お茶のかわりに
ハニーポットにたっぷりの
とびきり美味しいハチミツをどうぞ。

焼きっぱなしのアップルケーキは
半分こしましょう♪

(2018年10月24日)

ケルティックな2日間

ケルティックな2日間

10/22は Celtic Culture、
10/23は Celtic Time。

そんなケルティックな2日間でした。

22日は 自然の中に身をおいて
自然のエネルギーを感じながら、
言葉や、音楽を。

23日は ここCozy&Rosyで、
このレッスンの時に使うケルト模様の
ティータオルをテーブルにしき、
キャンドルを灯しながらのお話とお茶。

良い2日間をありがとうございました。

20181023.JPG

明日はレッスンはお休みの日。
作業などはありますが、
少しゆっくり・・・と思います♪

(2018年10月23日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ