紅茶とイギリスの暮らしの教室

cosy&rosy Dialy

花*紅茶de私時間 201809

花*紅茶de私時間 201809

9月24日。
floraies.tiroir(フロラリチロワ)の
ひろみさんとのコラボ「花*紅茶de私時間」
のレッスンをさせていただきました。

お越し下さった皆さま、どうもありがとう
ございました。

今回は「秋の過ごし方」をテーマに
①秋らしいアレンジメント作り
 ↓
②そのアレンジでテーブル作り
 ↓
③秋を感じるティータイム
という時間を作らせていただきました。

20180924 (5).JPG

20180924 (2).JPG

前日の9/23が秋分の日、
そして開催日当日は、中秋の名月。
この日に 秋の恵み に感謝できる時間
を持てた...そのことに意味があったように
感じています。

ひろみさんのお花や植物たちのお話を
聞きながら植物に触れあう時間は
優しさに溢れていました。

20180924 (6).JPG

(2018年9月24日)

湯温と硬度の違い

湯温と硬度の違い

本日は「水質の違いと紅茶」の
レッスンをさせていただきました。

湯温と硬度それぞれの違いによって
ここまで特徴が変わるのか...という
体験をお楽しみいただいております。

比較実習ほど納得できるものは
ありません。
そして、楽しい!

20180922 (4).JPG

ミルクティーにしてみると
また違う角度から違いを楽しめます。
ストレートの時と印象も変わります。

20180922 (3).JPG

最後に紅茶を淹れてティータイム。
水質の違いを様々な角度から感じた後、
あらためてティータイムで紅茶と向き合うと、
その奥深さにますます飲み込まれて
しまう気がします。(笑)

(2018年9月22日)

Celtic time そしてフルーツティー

Celtic time そしてフルーツティー

9/21。
午前は「Celtic time」
午後は「果物と紅茶のハーモニー」
のレッスンをさせていただきました。

どちらも、ペアレッスンでのご希望を
いただいて開催したレッスン。
プライベートやペアレッスンならではの
ゆったり感と、充実感。
私もじっくり向き合わせていただけます。

20180922 (1).JPG

午後のレッスンで作ったフルーツティーは、
旬の葡萄を3種、
・シャインマスカット
・巨峰
・サニールージュ
そして、オレンジ、桃、キウイフルーツ
を使って作りました。

見た目だけでなく、味も香りも楽しめる
フルーツティーをご紹介しています。

(2018年9月22日)

昨日のレッスンから

昨日のレッスンから

昨日の午前は紅茶教室で
「紅茶の知識と淹れ方の基本」を。
午後はイギリスの暮らしの教室で
2レッスン連続開講となり
「英国キッチン事情」と
「英国仕込みのハウスキーピング」の
レッスンをさせていただきました。
そしてその後、夕方の特別クラスとして
Teatime Englishをさせていただきました。

下の写真は午後レッスンの時に
いつの間にか!私の写真を撮って下さった
Iさんが送って下さいました。
いつもありがとうございます♪

20180920 (1).JPG

長い時間に渡り、3レッスンご受講
下さった2名様。
そして、お昼時間の中途半端な時間からの
開講にも関わらずお集まりくださった
4名様。
皆さま本当にありがとうございました。
そして、英語にお越し下さったyさんも、
充実のひとときをありがとうございました。

イギリスの暮らしの教室が充実してきて、
私も、20年前の渡英以来、ずっと渡英を
重ねてきた中で身につけてきた感覚や知識を
活かして、皆様にお届けする機会を
いただけていることに、とても感謝しています。

私の紅茶教室は、サロンとかサロネーゼとか、
そういうスタンスでは全くなくて、
私は職人のように紅茶と向き合っていたいと
思いながら、経験を積ませていただきました。
そんな意味合いからも、大事にしている
紅茶教室ではあるのですが、
イギリスの暮らしの教室は、なんかこう...
魂が活性するのですよね。
熱い感じに聞こえてしまうでしょうか...。
しっくり馴染む、自分の本来の価値観そのもの、
ありのままの私の姿と世界観なのです。
うまく言葉にできないのですが。

まだCozy&Rosyのイギリスの暮らしの教室は
歴史が浅くて、今まだ5,6年なのですが、
紅茶教室ともども、どうぞよろしくお願い
致します。

〇WebSite https://cosyandrosy.com/
〇スケジュール(9/20更新)
 https://cosyandrosy.com/schedule/

(2018年9月20日)

コーニッシュパスティ

コーニッシュパスティ

先日、無事に息子の小学校の運動会が終了。

息子の大好物「コーニッシュパスティ」は、
英国 コーンウォール地方の名物なのですが、
これは運動会や遠足などの行事のお弁当メニューの
リクエストにあがる一つです。

通常は⁈これ一つでお腹いっぱいになるボリューム
なのですが、我が家では そうもいきません...(笑)。

今回のフィリングは、試作も兼ねた新バージョン。
随分前から自分でもよく作り、(イギリス各地で)
買って食べたりしてきたパスティですが、
一昨年コーンウォールでコーニッシュパスティを
作っているところを実際に見たり、あるお店の
ものを食べたりした後、新たな発見や学びが
ありまして、Cozy&Rosyのパスティもまた少し
進化しました!
そして2年前からC&Rのレシピも変わっております。

20180917 (2).JPG
20180917 (3).JPG

(2018年9月18日)

映画「プーと大人になった僕」

映画「プーと大人になった僕」

満足に笑って 心の奥から泣きました。

予告を見て、息子が「ピーターラビット」以上に
飛びつき、早く見たくてずっと楽しみにしていた
映画「プーと大人になった僕」。

あくまで私個人の見解ではありますが、
本当に心温まるストーリーで、心に沁みました。

子どもがいるから...という理由ではなく、
私もこういう映画が大好きなのです。
パディントンも、ピーターラビットも、プーさんも、
映画の中から私がもらえるものや、共感することが
本当に多くて。
こういう、純粋でシンプルな思考や世界が
気持ちよくて、心洗われて、しっくり腑に落ちます。

この類の作品に心惹かれるか否かは、価値観次第
だと思うのですが、作人に対して酷評を公なところで
残す方もいらっしゃるわけで...。残念。

でも私は、堂々と大好きだと言い張っております。
そして、共感し合える方々と心を通わせ合える
ことが、とても幸せです。

20180914 (3).JPG

そして今日のティーブレイクは、
やっぱりプーさんの気分で(笑)。
息子のぬいぐるみをかりて、
そして購入したパンフレットとコップ。
紅茶は使わず、お湯にはちみつを溶かして
ハーブを浮かべただけのもの。
シンプルに。

20180914 (1).JPG

(2018年9月15日)

手描きのお葉書とピーターラビットの世界

手描きのお葉書とピーターラビットの世界

本日の10時のお茶の時間。

今朝新聞を取りにポストを開けたら、
こんな可愛いお葉書が♪
今月のグランマのバスケット
「イギリス湖水地方とピーターラビット」
のお茶会にお越し下さったNさんが、
心のこもった手書きのお葉書を送って
下さいました。

素敵なサプライズに感激でした。
Nさん、本当にありがとうございました。

もこもこ雲の晴空の下
今日は夫と一緒に この葉書と
外の眺めを楽しみながら
ふたたびピーターラビットの世界へと
想いを馳せたのでした。

(2018年9月11日)

ブラムリーを楽しむ会へ

ブラムリーを楽しむ会へ

先週の9月5日(水)は
「ブラムリーを楽しむ会」に参加させて
いただきました。

県外メンバーがほとんどのこちらのイベントは、
ブラムリーファンクラブさんがあってこその企画。
運営をされているキタローさん、えのっちさんに
今年も感謝ばかりでした。

私の暮らしと教室の両方で欠かせないりんご、
ブラムリー。
今年も学びと情報交換の機会をいただけて、
本当に嬉しかったです。
1年振りに再会した方々との時間もまた、
喜びでいっぱいでした。

主催者の皆さま、関係者の皆さま、ご一緒した皆さま
素晴らしい一日をありがとうございました。

20180905 (3).JPG

最高の景色と、美味しいシードルと。

20180905 (1).JPG

古茶シェフによるブラムリー、その他のりんごを
活かした美味しいコースをいただきました。
色々勉強になります。

20180905 (4).JPG

楽しかった林檎のテイスティングクイズ!

私はフレンチ寄りのお料理はせず、
(いえ!正しくは、できず!です。)
イギリスのお菓子や料理の中で使う
りんごの知識や経験しかありません。
なので、私生活での「素人料理」として
何かを作ってみることはあったとしても、
レッスンでお出しできるのは、
イギリス仕込みのものばかり。
素敵なお料理やお菓子は期待しないで
下さいね(笑)。
でも、やっぱり、イギリスのお菓子、
本当に美味しいと思うのです。
こちらもぜひぜひC&Rで味わって
いただけたら幸いです。

(2018年9月10日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ