紅茶とイギリスの暮らしの教室

cozy&rosy Dialy

英国のオーヴン料理(基礎)

英国のオーヴン料理(基礎)

今日7/10はイギリスの暮らしの教室で
「英国のオーヴン料理」のレッスンを
させていただきました。

オーヴンを使う料理は本当にたくさん。
日本が、ガス(IH)コンロを使って
焼いたり炒めたり蒸したり色々するのと
同じくらい、オーヴンでの調理が
当たり前の頻度だと思います。

今日は、すでにそうしているかもしれない...
と思いながらも、ローストメニューに
欠かせないローストベジタブルの下ごしらえ
のちょっとした豆知識。
そして、イギリスのローストと言えば、
これもまた付け合わせですが、
ヨークシャープディングなしには語れません。

でも、今日はお肉までじっくり下ごしらえして
焼いて...は時間が全く足りないため、
お肉のかわりにソーセージ(ウィンナー)を
使ったトードインザホールを作りました。
これはまさに、ヨークシャープディングの
応用なので、これで皆さん、ヨークシャー
プディングも作れるわけです。

ヨークシャープディングは、よくあるレシピに
ここまでは紹介されていないという、
とっても大事なポイントがあるわけで。
やはり、テキストで文章にしきれない感覚は、
実際にご覧いただくのが一番です。

20180710 (2).JPG

皆で美味しいローストベジとトードインザホールを
作ることができました。

我が家は週に一度は食べたくなるのですが、
こんなに飽きずに美味しく食べれるのは、
実にシンプルだからだと・・・。

私は、イギリスの この潔いシンプルさが
好きです。
素材がそのまま、 すーっと素直に染み渡る。

20180710 (4).JPG

イギリスの料理やお菓子はシンプルが故に、
国の違いによる材料の質の違いや調味の仕方
の違いなどで、見事に味も食感も変わると
思います。

良くも悪くも、昔より知る人が増えてきた
イギリスのお菓子やお料理ですが、
本場を知らない方が、見た目だけで
それを「〇〇〇〇〇(イギリス料理等の名前)」
を簡単に呼んでしまって、それが酷評ではなく、
たとえポジティブなものだとしても、
「でも、これはイギリスの味じゃない...」
と思うものが多いように思います。
食感だったり、調味の仕方だったり、
ちょうど先日も、ある生徒さんから、
あるテレビ番組をご覧になって、
「あれは違う食べ物でした・・・」と
残念なお気持ちを伝えていただきました。

カレーが、日本人にとっては「あのカレー」
が家庭のカレーでも、あれは世界にとっては
馴染みのカレーでは全くないわけで、
イギリス料理やお菓子も、まだまだ、
本物を知ってもらえていない存在だと
感じさせられます。

何十年も前の古い情報や経験で
「イギリス料理は・・・・・」と言ったり、
本場のものを知らずに解釈してしまったり、
「それは〇〇〇とは違います。」と
思うもので認識されてしまったり、
それをイギリスの味だと誤解されていたり。

それが残念に感じることがあります。

なので、私、「美味しいイギリスの料理やお菓子、
本当の味や食感、本場での食べ方」等、
正しくお伝えしていきたい!と熱くなるばかりです。

イギリス家庭の食卓のワンシーンを
ここCozy&Rosyでも知っていただけたら嬉しいです。

(2018年7月10日)

マグで紅茶

マグで紅茶

7/9のレッスン「Celtic Culture」にて。
紅茶は、マグカップでたっぷりと。

マグカップで飲む気楽な紅茶が好きで、
紅茶教室ではない、イギリスの暮らしの教室の
レッスン内容によっては、こうして
マグカップの紅茶を飲みながらレッスンを
させていただいています。

マグの方が、リラックス効果もあると
思いませんか?

(2018年7月10日)

水質の違いと紅茶

水質の違いと紅茶

今日は紅茶教室で「水質の違いと紅茶」
のレッスンをさせていただきました。

紅茶と科学の楽しい実験いろいろ♪

「だからかぁ~!」
「イメージが逆だった!」
等々、新発見も色々あるようで、
私も生徒さんが楽しんで下さっている
のを拝見するのがとても嬉しいです。

とっても面白いと思うので、
皆さまよろしければ、実験をしに
お越し下さいね。
リクエストいただければ喜んで
開講させていただきます。

20180707 (2).JPG

ティータイムは、ご希望でディンブラを。
今日の紅茶のおともは、
英国菓子「バナナ&ファッジケーキ」
を召し上がっていただきました。

〇スケジュール https://cozyrosy.com/schedule/
〇紅茶教室 https://cozyrosy.com/lesson/

20180707 (3).JPG

(2018年7月 7日)

イギリス湖水地方*ケズィック街歩き

イギリス湖水地方*ケズィック街歩き

イギリス湖水地方は北部に位置するケズィック。
英語でKeswickと書くので、カタカナでは
ケズウィックと書かれるケースがとても多いです。
でも、発音は「ケズィック」で良いと思います♪

先月ケズィックの町の中心地を歩きました。
土曜日でしたので、ちょうどサタデーマーケットが
開催されており、多くの人で賑わっていました。

20180609-4.JPG

こちらは、一時絶滅の危機種だったところ、
ビアトリクスポターが保護に全力を注いでくれた
ハードウィック種のヒツジのキャラクターのお店
です。ハーディーという名前で親しまれています。

さて、以下に街歩きでのお気に入りを♪

20180609-5.JPG

20180609-7.JPG

20180609-8.JPG

20180609-9.JPG

20180609-10.JPG

20180609-11.JPG

20180609-14.JPG

20180609-16.jpg

20180609-17.jpg

(2018年7月 5日)

課外レッスン

課外レッスン

昨日は、リクエストレッスンの課外授業。
戸隠牧場で過ごしながら行いました。

牧場で紅茶教室?...いえいえ違います(笑)
「Celtic Culture」という名前の、
位置づけとしては紅茶教室ではなく、
イギリスの暮らしの教室のオプションです。

内容(ご希望)は生徒さんごとに異なりますが、
今日はケルト音楽やアイルランドの文化に
ついてetc...

「Celtic Culture」ということで、
‟なぜケルトなのか"は、ここではご説明を
省かせていただくのですが、このレッスンは
生徒さんたちのお心遣いから生まれました。

レッスン終了後や調合室の営業中などに、
私と"時間をかけて"話をしたい(聞きたい)
と思って下さった生徒さん達が、
「業務外で長い時間かけてしまっては
夕美さん(私)のやることや時間が...」と
お気遣い下さいまして(恐縮です!)、
レッスンやショップでのご用件以外の時間で、
特定のお話や得意分野の色々を別日に
「その時間」を設けてできるようにと、
このレッスンとしてご予約下さるように
なったのが始まりでした。

こうする方が、生徒さんたちも遠慮なくお願い
しやすいと仰って下さり、そうであれば...と、
そのお気持ちをいただくことに致しました。

レッスンカリキュラムにない英国関係の色々
だったり、イギリス英語のことだったり、
ケルト文化、音楽だったり、ファンタジーの
世界や、その他私に備わっていることで...。

有意義な時間にできたら嬉しいです。

(2018年7月 4日)

午前午後連続の集中レッスン

午前午後連続の集中レッスン

本日のCozy&Rosyの教室、
午前:紅茶とチーズ(フード)のペアリング
   (紅茶教室)
午後:紅茶物語 (イギリスの暮らしの教室)

2レッスン連続での開講となりました。
遠路、長い時間をかけてお越し下さった
県外、市外からの生徒さん。
本当にありがとうございました。

20180702 (2).JPG

Cozy&Rosyでは、遠方からのわざわざお越し
下さる方や、集中して習得されたい方の
ために、1日に2~3レッスン連続でご受講
いただける集中レッスンも承っております。

スケジュールの中で、午前、午後ともに
「(空)リクエスト承ります」と表記の
日でしたら、レッスンの内容やお時間を
ご相談させていただき、集中レッスンを
組ませていただいております。
ご希望下さる方は、ご相談下さいませ。

20180702 (3).JPG

〇スケジュール https://cozyrosy.com/schedule/

(2018年7月 2日)

ペンリスのゲストハウスと朝ごはん

ペンリスのゲストハウスと朝ごはん

英国カンブリア州のペンリスで
お世話になったゲストハウスでの時間。

ここで過ごせたらCozy&Rosyらしい時間と
内容になりそうで、そして感性も磨かれそうな
気がしたのでした。

20180608-12.JPG

20180608-2.JPG

町の中心地から少し離れた高台の住宅地に
佇んでおり、眺めも、ゆったりとした空気感も
本当に心地よかったです。

20180608-19.JPG

20180608-20.JPG

ウェルカムのキャロットケーキも絶品です。
これだけでも相当な勉強材料になりました。
こちらのキャロットケーキからインスパイア
されて、Cozy&Rosyのキャロットケーキ、
少しだけ変わりそうです♪

そして、楽しみにしていたのが
翌朝のフルイングリッシュブレックファースト。

20180609-1.JPG

お庭を眺められる席での朝食は。
雰囲気も、そして内容もパーフェクト。
今まで相当な回数、イングリッシュブレック
ファーストを食べてきましたが、
それぞれが美味しいながらも
こんなに品質の良さを感じられる
美味しい朝食は初めてでした。
私のナンバー1!に出会いました。
これからもっともっと出会っていくことに
なると思いますが、絶対に忘れられない
朝食であり続けることは間違いないと
思います。

20180609-2.jpg

ダルメインのマーマレードアワードで
賞を受賞しているマーマレード2種類を、
これもまた美味しいパンにのせて。

カンバーランドソーセージも
ブラックプディングも素晴らしい...。
枝付きトマトやベイクドビーンズ、
地元のお肉屋さんのベーコン、
新鮮な卵のフライドエッグ、
搾りたての果肉たっぷりのオレンジジュース、
美味しいブレックファーストティー。

大満足の美味しさ。
とても勉強になりました。

20180609-3.jpg

(2018年7月 1日)

スコーン作り&クリームティー

スコーン作り&クリームティー

今日はイギリスの暮らしの教室で
「スコーン作り&クリームティー」のレッスン
をさせていただきました。
6月末の今日、最後に再びスコットランドを
イメージして、タータンチェックのマットと、
タータンの長靴をはいたひつじのペーパー
ナプキンを使いました。

20180630 (2).JPG

スコーンはスコットランド発祥ですものね♪
これ、個人的には、とても大事なのです。
なので私は、イングリッシュというより、
スコットランドをしっかり含めたい意味で
ブリティッシュという言い方をします。

そして、昨日はナショナルクリームティーデー!
一日遅ればせながら、今日こうしてクリームティー
を楽しむ機会を持てて良かったです。

スコーンには、クロテッドクリームとジャムを
(お好み次第ですが)た~っぷりつけて
いただけるようにご用意しています。
そして、大事なのが、紅茶を飲みたいだけ
たっぷり飲んでいただけるように、こちらも
たっぷりご用意しています。

20180630 (1).JPG

Cozy&Rosyのスコーン作りとクリームティー、
ぜひ楽しみにお出かけ下さいませ。
スコーン作りだけでなく、様々なお話を
たくさん織り込ませていただいております。

*イギリスの暮らしの教室
 https://cozyrosy.com/britsh-life/

(2018年6月30日)

カテゴリー

最新記事

アーカイブ